チーム活動

日本でのシクロクロスは約30年ほど前に長野県で始まり、信州や関西では歴史もあり強い選手が多いのが 現状です。
2011年から始めた東北シクロクロスや関東でも1万人の観客を集客するお台場でのレースや 埼玉、茨城、神奈川と関東各地で開催されるようになり、シクロクロス人口も日本全国に広がりをみせております。

このチームは東日本からもっと世界に羽ばたけるような選手が出て欲しいという願いから、 昨年11月から活動を行っております。 シクロクロス競技は選手個人の力だけでは勝負にならず、メカニックや機材も含めサポート面が重要になってきます。
特に世界とのチーム差は歴然で、昨年2月にメカニックで派遣して頂いた世界選手権では日本チームとシクロクロス の本場ベルギーやオランダチームとのサポート体制の差を痛感して参りました。
 Team CHAINRINGはサポート体制も含めて国内トップチームを目指して立ち上げ、1シーズン目にして 全日本チャンピオンとJCXシリーズチャンピオンを獲得し、メディア等でも露出も含め多数取り上げられ、 ある一定の成果が得られました。

今シーズンからは若手育成のために、高校生・中学生も加入し
サテライトチーム「Team CHAINRING Espoir」の 活動も行っていきます。
将来的にはウィーラースクールからサテライトチーム、そしてトップチームというピラミッドを構築し、 シクロクロスだけに留まらずロードレースやマウンテンバイクなど他の種目にもチャレンジし、 このチームが東北を拠点としたプロの地域密着型サイクリングチームとして活動ができ、 それがスポーツを通じて地域活性化に繋がることを目標としております。

↑ ページの上部へ